INTERVIEW

レン役 西原 久美子

PSP『零の軌跡』が発売されてから約2年、ドラマCD収録からは久しぶりの収録ですが、
収録を終えた今の感想をお聞かせください。

ドラマCDで口にしたセリフもたくさん出てきたんですけども、ゲームではセリフを続けて言ってはいけないのでやっぱり勝手が違いますし、演出もちょっと違います。私含め、みなさん気持ちも演じ方もドラマCDとは微妙に違うとおもいますので、又新たに楽しんでいただけると思いました。

収録ボイスがかなり増えましたが、ドラマCD収録時と比べて、キャラクターへの思いに変化はありましたか?

ドラマCDでやっていない部分、他の人との出会いなどがあってまたレンのことを深く知ることができました。最後、「かくれんぼ」が終わるじゃないですか。こんなに『零』の最後だと思っていなかったんですよ。漬物石のような台本をいただいてレンのシーンは一番最後だって言われて、『零の軌跡』でも大事にされていたんだと改めて感じました。
クロスベルに来た目的っていうのが、今回演じて初めてわかりました。それまでいまいちわかっていなくて、(ドラマCDでいくつかはわかっていたんですけども)ゲームで演じることによってさらに深くわかってきました。

印象に残ったセリフ、シーンなどはありますか。

それはもちろんコリンのシーンですよね。それからやっぱりエステルに抱きしめてもらうシーン、「つかまえた」っていうところですね。

もし今後、続編である『碧の軌跡』がフルボイス化されるとしたら、どのようなところに期待したいですか。

私『碧』をやっていなくて、どういう形でレンが登場するのかわからないんですけども、やっぱりエステルとヨシュアとどういう風に暮らしているのか少しでも描かれていたら嬉しいなと思います。

最後にファンの皆さんにメッセージをお願いします。

今までPSP版をやっていた皆さま、声がなかったところにも声が入るんですよ!絶対それはやりたいですよね!私達もぜひ聞いていただきたいです。まったく初めてやる方もいらっしゃるわけですが、とてもとても深い物語です。ゲームをプレイして、ぜひ声を聞いていただきたいと思います。とにかく皆さまがプレイしてくだされば軌跡シリーズがまだまだ続くかもしれませんし、『空』もフルボイスにしていただきたいので、ぜひ『零えぼ』プレイしていただけたらと思います。