INTERVIEW

リーシャ・マオ役 佐藤 利奈

PSP『零の軌跡』の収録から約2年ぶりとなる今回の収録ですが、収録を終えた感想をお聞かせください。

掛け合いのパートが増えていて、シナリオ自体はあっても声が入っていなかったところを演じられるのは、自分の心情を改めて追うことができたので嬉しかったですね。

収録ボイスがかなり増えましたが、PSPの収録時と比べて、キャラクターへの思いに変化はありましたか?

実は次のシリーズでのリーシャは性格の見え方が違うような印象が強くて。そこを経てまた戻ってきたので最初は自分の中のチューニングが定まらなかったんです。1回行ったところを戻ってきたのでそういうとまどいが多かったと思います。改めて彼女の持つ孤独さとか不安さみたいなものや、イリアさんに対する思いですね、一旦そちらに行ったからこそ見えてきたこともあります。こういうプレイの仕方もあるんだ、という驚きもありました。

印象に残ったセリフ、シーンなどはありますか。

影を持っていることを匂わせるようなシーンがちょこちょこあるんです、何か秘密を抱えていそうな…やっぱり彼女の動きは気になるところですよね。そこが伏線につながっていると思うので、見どころではないかなと思います。後はリーシャと対になっているイリアさん。今回音声がついているので、個人的にイリアさんとの会話を聴くのを楽しみにしています。

もし今後『碧の軌跡』のフルボイス版が発売されるとしたら、どのようなところに期待したいですか。

『零』の時のリーシャって出番が頭と終わりだったんだなぁ…と今回改めて思いました。『碧』ではもうちょっと物語に関わってくるんですよね。そうなるとセリフ数も多いので演じがいがあるなあと。『碧』ではイリアさんとの私の好きなシーンもあるので、彼女との関係性が描かれるところを演じられたら嬉しいです!

最後にファンの皆さんにメッセージをお願いします。

長年にわたって愛されるシリーズに私も携わらせていただけるのは嬉しいですし、プレイしましたよ〜という声もたくさんいただいてます。音声が入った部分も増えて、作品もとてもやり応えのあるものになっているので、一度プレイされた方もされていない方も是非!何よりも私の大好きなイリアさんの声が入っているので、私も楽しみにしています。