INTERVIEW

エステル・ブライト役 神田 朱未

PSP『零の軌跡』の収録から約2年ぶりとなる今回の収録ですが、
収録を終えた今の感想をお聞かせください。

軌跡シリーズを今まで何本かやらせていただいていたのですが、げーむとしては戦闘ボイスしか録ったことがなかったんですよ。ゲームのストーリーをドラマCDで改めて演じるという感覚だったんですが、ゲームとして一つのストーリーをじっくり声を出して読むことによって、より深くストーリーを知ることができて嬉しかったですね。

収録ボイスがかなり増えましたが、PSPの収録時と比べて、キャラクターへの思いに変化はありましたか?

『空』の時よりセリフの雰囲気が感覚的にですがお姉さんになっているなと思いました。今までは自分が主軸で戦っていたのですが、今度は別の話に移ったこともあって、自分が特務支援課をフォローしてあげるという考えに移行しているところを見るとエステルもお姉さんになったんだなあと。でもところどころ彼女らしいあっけらかんとしたところや、素直に人に向かって間違ってるところを間違ってるって言えちゃうところも残っていて…『零』になっても彼女は周りの人から見て眩しい存在なんだなって思うと嬉しいです。

印象に残ったセリフ、シーンなどはありますか。

エステルのところで言うとやっぱりレンとの絡みが大きなところなので、最後の「つかまえた」っていうセリフはやっと言えたっていう気持ちがあるので是非聞いてほしいです。後はティオの過去とかを読んでいてあらためて「こんなことが!」と思ったので、その一連のお話は読んでてすごく面白かったです。あとエステルが同じ志として特務支援課の活躍を喜んでいるっていうセリフも彼女らしくて素敵だなと思いました。

もし今後、続編である『碧の軌跡』がフルボイス化されるとしたら、どのようなところに期待したいですか。

まわりの人やキャストからもその後エステル、ヨシュア、レンが家族としてどんな風に過ごしているのかっていう姿を聞きたいっていう声を聞くので、私も是非ともそこは演じたいですね!

最後にファンの皆さんにメッセージをお願いします。

今回この『零の軌跡』をフルボイスであらためて演じたことによって、『空』から『零』へのバトンタッチが自分の中で自然にできました。とにかくフルボイスということで今度は音でもじっくり楽しんでいただけますし、映像もきれいになっているということなので楽しみが増えていると思います。もちろん『空の軌跡』もフルボイスでやりたいんです!スタッフさんにも話したら、壮大すぎて大変だけど是非やりたいですねと言ってらしたので(笑)、いつかは『空』もフルボイスで出していただけたら…でも台本は何冊持ってくればいいのかなーなんて思いつつ(笑)。夏まで待ち遠しいと思いますが、是非発売を楽しみにしていてください。そして夏休みは『零の軌跡』でがっつり遊んで下さい!!